瞑想

「平成二十九年開祖生誕祭式辞」の全文を掲載します

2017年4月2日 by syuseikai

  平成二十九年開祖生誕祭式辞

本日は、お忙しい中、開祖生誕祭にお越しいただき、心よりお礼申し上げます。そして、この聖霊殿の前で、開祖様のお誕生日のお祝いを述べ、皆さまと喜ばしい式典を執り行わせていただけたことに感謝いたします。

当会の開祖であります中澤一聖様は、明治二十九年にお生まれになり、ここにおいでになれば、この月、満の百二十一歳です。開祖さまは、信仰篤く、教養ある母親から多くを学び、住み慣れた豊かで恵まれた丹波を出られました。開祖さまの見てこられた時代は、第一次世界大戦での大戦景気、世界恐慌、第二次世界大戦、そして高度経済成長の激動の時代です。

開祖様は、現始大神さまから授かった力を駆使して、人助けをされてきました。高砂の曽根でお世話になりながら、病気治しをはじめとする人助けに専心され、御技(みわざ)をもって、当時、不治であった癌を治すなどの奇跡を次々に起こしてこられました。

日本書紀の初めに現れられる国常立尊(くにのとこたちのみこと)様して知られている現始大神様が、開祖さまを通じて、この地上で偉業を達成されようとしています。昨今の世界の情勢の変化、そして価値観の変化は、新しい時代の幕開けのしるしです。宗教の枠を超えて霊性を信じる人たちが現れ始め、成熟した人格を形成しようと努めています。地上世界のそうした潮流は、神界に倣(なら)っています。

人の本質は魂ですから、私たちの目に見える事柄や感情にとらわれることなく、宇宙の流れに沿わなければなければならないのです。

日本には、「中今」と呼ぶ思想があり、心乱すことなく日常を過ごすことができたのです。それは、今のこのときを大切にする生きかたです。当会では中今を用いて、どなたでもが瞑想状態で日常を過ごす方法を整えました。この方法は、お釈迦様の瞑想に近いものです。お釈迦様が頼られた神様が、当会のご祭神である現始大神様だと開祖様から聞いています。ですから、二千数百年前のインドの瞑想と、千数百年前の日本人の生き方に由来する瞑想が似たのです。中今瞑想を用いることで、深く悟り、慈しみに満ち満ちて生きることができます。この方法をご活用いただき、開祖さまの記(しる)された大憲章にある通り日本の文化的国家の建設と世界平和が成就しますように願っています。

最後になりましたが、この祭事にお手伝いいただいた皆さまの献身的なご奉仕に感謝いたします。また、開祖様のお誕生日のお祝いのこの日にここにお集まりの皆さまに、感謝いたします。

ご縁のあるより多くの方々の下(もと)に、開祖様のお知恵と御業(みわざ)が、届けられますように、そして、皆様方のそれぞれに託された使命を全うされますように念願して、本日の式辞とさせていただきます。

ありがとうございました。

 平成二十九年四月一日
         修生会会長 中澤鳳徳

平成二十八年元旦大祭式辞

2016年1月1日 by syuseikai

「平成二十八年元旦大祭式辞」

平成二十八年の新春を謹んでお慶び申し上げます。

年の初めの大神様へのご挨拶を皆さまとともに述べさせていただけましたことに、感謝いたします。今年一年のご守護を賜れますようわたしたちのそれぞれが志を新たにする祀りごとになったことと思います。

皆さまにとって、昨年は、どのような一年だったでしょうか。お一人おひとりの運気に左右されるばかりではなく、世間全体の流れと同期したり、摩擦となる部分もあります。この現実の世界は、私たちの本源、霊的な世界と密接につながっています。皆さんのお一人おひとりの魂の成長にふさわしい現実が用意されるのです。ですから、私たちは、世界の流れを知って、私たち自身を磨くよすがにすることができるのです。

今年、平成二十八年は、暦などをご覧になるとお分かりのように丙申(ひのえさる)です。はじめの丙(へい、ひのえ)は、「明らか」という意味です。甲、乙、丙と、十干の中では三番目です。前年の「乙」はまだ曲がっている状態でした。丙は形が明らかになってくる頃です。申年の申は「呻く(うめく)」低い声を漏らすことです。それは果実が成熟して、完熟の前の状態です。これまで頑張ってきた皆さんには、今年は、評価される良い年になります。

前回の丙申(ひのえさる)は、六十年前、昭和三十一年です。その年には、戦前の経済水準を回復し「もはや戦後ではない」が流行語になりました。戦後の成長が明らかになってきたのです。日本が国際連合に加盟。日ソ共同宣言。そして、ソ連では、それまでのスターリンの横暴をフルシチョフが批判しました。それが世界を数十年にわたって混乱に陥れました。大都市であった横浜、名古屋、京都、大阪、神戸がこの年に政令指定都市になり、その後、さらに大きな都市になったのです。アメリカでは、それまでにデビューしていたエルヴィス・プレスリーが、この年に全米チャート一位、レコード売上トップになりました。いずれも、その年にはじまったとか、その年に最盛期になったというより、その年に明らかになった、評価された、そして、それがその後、長く影響するのです。

皆さんが、これまで仕事上での、あるいは、家庭内での活動が、今年、明瞭になります。それをきっかけに、その後、より大きな成果が出るのです。ですから、昨年までに取りかかっていた事柄を踏まえて、来年以降さらに大きな成果が出るように今年の抱負を作成する年にあたります。

昨年、当会では、中今瞑想のセッションを開始いたしました。朝日新聞デジタルや、読売オンラインなど多くのメディアで取り上げていただきました。そして、実際、いろいろな職業の方にご活用いただいています。瞑想は、宗教家が悟りを開くための基礎的な能力であるばかりではなく、だれにとっても有用です。中今瞑想は、日本の古代からの私たちの生き方、今の瞬間を大事にする「中今」を基礎にしたものです。どなたでも、簡単に習得できる技術で、日常を瞑想状態で過ごすことができます。この瞑想のセッションが日常の生活とシームレスにつながりますので、日常で生じるストレスをただちに消し去り、常時ツイている状態にすることができます。また、周囲との関係を改善し、それぞれの使命を共有、分担することができるようになります。瞑想が悟りをもたらし、お一人おひとりの人生を確信に満ちたものにしますので、ご活用ください。

真理に基づく人類の普遍的な価値や叡智を、私たちは、この修生会で受けることができます。当会の「大憲章」にある「日本の最高文化国家建設と世界平和に寄与することを目的と」しての活動に、お集まりの皆さんは参画しているのです。

現始大神様の下(もと)においでのおひとりおひとりに偉大な配慮と託された役割があります。そのお計らいに感謝し、どなたもが安心立命と世界人類の平和の実現のために努力精進させていただきたいものです。

新しい年を、皆様方とともに神様のご守護を受けて、健やかで、幸多き日々に過ごさせていただくことができますように心よりお祈り申し上げます。

平成二十八年元旦           
修生会会長 中澤鳳徳

平成二十七年開祖生誕祭式辞

2015年4月1日 by syuseikai

平成二十七年開祖生誕祭式辞

本日は、お忙しい中、開祖生誕祭にお越しいただき、心よりお礼申し上げます。そして、この聖霊殿の前で、開祖様のお誕生日のお祝いを述べ、皆さまと喜ばしい式典を執り行わせていただけることに感謝いたします。

当会の開祖であります中澤一聖様は、明治二十九年にお生まれになり、ここにおいでになれば、この月、満の百十九歳になられます。信仰篤く、教養ある母親から開祖さまは、多くを学び、住み慣れた豊かで恵まれた丹波を出られました。開祖さまが見てこられた時代は、第一次世界大戦での大戦景気、世界恐慌、第二次世界大戦、そして高度経済成長の激動の時代です。

開祖様は、現始大神さまから授かった力を駆使して、人助けをされてきました。高砂の曽根でお世話になりながら、病気治しをはじめとする人助けに専心され、御技(みわざ)をもって、当時、不治であった癌を治すなどの奇跡を次々に起こしてこられました。

天地開闢から見知っていらっしゃる現始大神様が、開祖さまを通じて、この地上で偉業を達成されようとしているのです。さらに、昨今の世界の情勢の変化、そして価値観の変化は大きく、どなたもが日常的にストレスを負っています。それは、新しい時代の幕開けのしるしなのです。ご自身の魂を磨くためであり、また神さまが期待される地上世界を構築するためです。ですから、そのストレスすらも、私たちの悟りの中で、学びと活動の糧になるのです。

日本では、古代から今を精一杯に生きる「中今」と呼ぶ思想があります。それによって、私たちは心乱すことなく、日常に邁進することができたのです。そこで、昨年、中今を基礎にどなたでもが瞑想状態で日常を過ごす方法を整えました。今年から、中今瞑想として皆さまにお使いいただいています。ところが、この瞑想の方法は、お釈迦様が使っておられた瞑想方法に似ていることが分かりました。お釈迦様が頼られた神様が、当会のご祭神である現始大神様だと開祖様から聞いています。ですから、似た方法が用意されたのです。中今瞑想を用いることで、多くを悟り、ご自身を唯一無比に保ち、さらに慈しみに満ち満ちて生きることができるのです。この方法をご活用いただき、開祖さまの大憲章にある通り日本の文化的国家の建設と世界平和が成就しますように願っています。

最後になりましたが、この祭事にお手伝いいただいた皆さまの献身的なご奉仕に感謝いたします。また、開祖様のお誕生日のお祝いのこの日にここにお集まりの皆さまに、感謝いたします。

ご縁のあるより多くの方々の下(もと)に、開祖様のお知恵と御業(みわざ)が、届けられますように、そして、皆様方のそれぞれに託された使命を全うされますように念願して、本日の式辞とさせていただきます。

ありがとうございました。

 平成二十七年四月一日
         修生会会長 中澤鳳徳

事業に高次の秩序を据える

2012年7月17日 by syuseikai

□精神世界や宗教に関わる経営者は、ほんとうにいるの? 
経営者の皆さんで目に見えないものに関わっていらっしゃる方は、とても多いというのが私の手応えです。えべっさんにお参りしたり、初詣で商売繁盛を頼んできたりというように、ふつうの行事に紛れて神さまにお頼みすることもあれば、特定の宗教に深く関わっていらっしゃる方や、社員の皆さんにもその内容を伝えていらっしゃる方もおられます。風水や瞑想に凝っていらっしゃる方もおられます。

 
□会社経営で「人のため」は、役に立つのか?
人さまのためにしたことが自分に戻ってくるのは、一般的な人には見えない仕組みです。会社経営が財務諸表で測られるならば、強引な営業マンを育てる方が仕組みは分かりやすいものです。

世の中にある大きな仕組みの中で、あなたの会社やあなた自身の活動があるらしいと知った方には「人のため、世のために」が当然だと分かります。あなたの会社やあなたがなみなみならぬものだとすれば、世の中の、より大きな配慮を受けなければならないのです。

□「なかよし祈祷」を用いるのは、なぜか?
「なかよし祈祷」は、人さまの幸せをこっそり願う祈祷です。ですから、仲のよい人のためにご依頼を受けます。ところが、仕事場や近隣で仲がよくない方のために幸せを願われる方がけっこういらっしゃいます。結果からいうと、仲良くなるのです。

仕事場などで苦手な相手の幸せをこっそり願うと、どういうわけか付き合いやすくなるのです。

「ははぁん、これはいいぞ」と感じていただいた経営者の方は、周囲の方のためにお使いください。

会社のために一生懸命になさっている経営者の方は、会社の経営が社員や家族の命運を担っていることを知っています。自らの労力、時間などを会社の経営に捧げています。ですから、「人さまのために」どころではないのです。しかし、周囲の人を幸せにすれば、いいことがあるだろうとご存じのはずです。

□社長は、だれの幸せを願うのか?
「なかよし祈祷」の相手は、社長の近くにいる人から拡げてみてください。社内の側近や家族のために、また社員の皆さんのために、あるいは取引先の方のために。ライバルの幸せを願えるようになれば、、、、、。

□「なかよし祈祷」って何だ
「なかよし祈祷」は、人さまの幸せをこっそり願う祈祷です。自分のための祈祷ではありません。ですからお申し込みをいただく時には、そのお相手の方の名前もお伺いします。申し込まれる方のご家族や大事なお友だちの幸せを願っていただけます。だから「なかよし祈祷」なのです。

内緒ですが、その祈祷のおそるべきところは、祈祷をお願いした方もお幸せになることです(期待してはいけませんが)。