現始大神

「平成二十九年開祖生誕祭式辞」の全文を掲載します

2017年4月2日 by syuseikai

  平成二十九年開祖生誕祭式辞

本日は、お忙しい中、開祖生誕祭にお越しいただき、心よりお礼申し上げます。そして、この聖霊殿の前で、開祖様のお誕生日のお祝いを述べ、皆さまと喜ばしい式典を執り行わせていただけたことに感謝いたします。

当会の開祖であります中澤一聖様は、明治二十九年にお生まれになり、ここにおいでになれば、この月、満の百二十一歳です。開祖さまは、信仰篤く、教養ある母親から多くを学び、住み慣れた豊かで恵まれた丹波を出られました。開祖さまの見てこられた時代は、第一次世界大戦での大戦景気、世界恐慌、第二次世界大戦、そして高度経済成長の激動の時代です。

開祖様は、現始大神さまから授かった力を駆使して、人助けをされてきました。高砂の曽根でお世話になりながら、病気治しをはじめとする人助けに専心され、御技(みわざ)をもって、当時、不治であった癌を治すなどの奇跡を次々に起こしてこられました。

日本書紀の初めに現れられる国常立尊(くにのとこたちのみこと)様して知られている現始大神様が、開祖さまを通じて、この地上で偉業を達成されようとしています。昨今の世界の情勢の変化、そして価値観の変化は、新しい時代の幕開けのしるしです。宗教の枠を超えて霊性を信じる人たちが現れ始め、成熟した人格を形成しようと努めています。地上世界のそうした潮流は、神界に倣(なら)っています。

人の本質は魂ですから、私たちの目に見える事柄や感情にとらわれることなく、宇宙の流れに沿わなければなければならないのです。

日本には、「中今」と呼ぶ思想があり、心乱すことなく日常を過ごすことができたのです。それは、今のこのときを大切にする生きかたです。当会では中今を用いて、どなたでもが瞑想状態で日常を過ごす方法を整えました。この方法は、お釈迦様の瞑想に近いものです。お釈迦様が頼られた神様が、当会のご祭神である現始大神様だと開祖様から聞いています。ですから、二千数百年前のインドの瞑想と、千数百年前の日本人の生き方に由来する瞑想が似たのです。中今瞑想を用いることで、深く悟り、慈しみに満ち満ちて生きることができます。この方法をご活用いただき、開祖さまの記(しる)された大憲章にある通り日本の文化的国家の建設と世界平和が成就しますように願っています。

最後になりましたが、この祭事にお手伝いいただいた皆さまの献身的なご奉仕に感謝いたします。また、開祖様のお誕生日のお祝いのこの日にここにお集まりの皆さまに、感謝いたします。

ご縁のあるより多くの方々の下(もと)に、開祖様のお知恵と御業(みわざ)が、届けられますように、そして、皆様方のそれぞれに託された使命を全うされますように念願して、本日の式辞とさせていただきます。

ありがとうございました。

 平成二十九年四月一日
         修生会会長 中澤鳳徳

元旦大祭の「平成二十九年元旦大祭式辞」を掲載します

2017年1月4日 by syuseikai

 

今年、平成二十九年は、何事かをなさろうとしている方にとっては、大切な一年になります。そこで、参考になるように「元旦大祭式辞」を掲載します。

「平成二十九年元旦大祭式辞」

平成二十九年の新春を謹んでお慶び申し上げます。

年の初めの大神様へのご挨拶を皆さまとともに述べさせていただけましたことに、感謝いたします。今年一年のご守護を賜れますようわたしたちのそれぞれが志を新たにする祀りごとになったことと思います。

皆さまにとって、昨年は、どのような一年だったでしょうか。お一人おひとりの運気に左右されるばかりではなく、世間全体の流れと同期したり、摩擦となる部分もあります。この現実の世界は、私たちの本源、霊的な世界と密接につながっています。皆さんのお一人おひとりの魂の成長にふさわしい現実が用意されるのです。ですから、私たちは、世界の流れを知って、私たち自身を磨くよすがにすることができるのです。

今年は、丁酉(ひのととり)です。五行では、ひのとは火で、酉は金です。火が金を溶かすことからよくない関係、つまり今年は順調ではないことが予想できます。上が火で、下よりも強い関係です。さらにひのとは、壮年の男子の意味で、延び盛り、酉は枯れる手前、熟した状態、と、アンバランスなのです。

昨年、暦では、丙申(ひのえさる)で、それまで世間で知られていなかった実績が評価され、日の目を見ることになり、それが将来までも方向づけることになると昨年の元日に説明しました。皆さんも、ご自身のこと、あるいは周囲で、そうしたことに気づかれたこともあったかと思います。

天皇陛下が、突然、譲位のご意向を示唆されました。米国のオバマ大統領が、五月に広島を訪問し、「核兵器のない世界」を目指す必要性を訴え、安倍首相が十二月に米国の真珠湾を訪れ、真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊しました。日米の和解と同盟の深化を象徴しています。次期米国大統領にトランプ氏が当選しました。また、英国民投票で、EU離脱が決まりました。

また東京都知事に小池百合子氏が当選し、築地市場(つきじしじょう)の移転先、豊洲市場の土壌汚染対策の問題の解決を図ろうとされています。また、二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックの開催経費削減を指示しています。

昨年は、一般に予想できなかったいろいろなことが表面化し、それらが今後に長く大きな影響をもたらしそうに思えるのです。

六十年で同じ干支がめぐってきますから、今年を予想するには、六十年前の昭和三十二年を見ましょう。神武景気と岩戸景気の間、ソ連の国力が上がり、世界初の人工衛星打ち上げに成功しました。東京の人口が急増し、世界一の巨大都市になりました。日本では初めての核分裂の臨界に達しました。そごうの東京進出、主婦の店ダイエーの開店、トヨタがアメリカに輸出開始、日産がスポーツカーを発売と拡大路線であり、その時代を作ったのです。
 今年、権威を背景にしたり、あるいはトップダウンで、将来、拡大するものが、現れてくることが予想されるのです。

当会では、昨年、いろいろな取材を受け、またいろいろな勉強会や講演会に行かせていただく機会がありました。いくつかの情報誌に掲載していただき、また、FM-FUJIでご紹介いただきました。また、B.S.Timesの企画でプロレスの藤波辰巳選手が来会くださって、歓談させていただきました。また、「あずみ」「ゴジラ FINAL WARS」「ルパン三世」といった映画の監督をなさっている北村龍平監督が、ハリウッドから大阪に戻って来られたおりの懇親会にも行かせていただきました。あるいは、昨年、ご縁があって露の団四郎師匠、瑞(みずほ)さんの奉納落語をさせていただくことができました。

これまで中今瞑想のセッションを不定期に行ってきましたが、今年から毎月第2土曜日にニュートラルマインドのための中今瞑想をいたします。一昨年、当会では、中今瞑想のセッションを開始いたしました。それらは、朝日新聞デジタルや、読売オンラインなど多くのメディアで取り上げていただきました。瞑想が悟りをもたらし、皆さま方お一人おひとりの人生を確信に満ちたものにしますので、ご活用ください。

真理に基づく人類の普遍的な価値や叡智を、私たちは、この修生会で受けることができます。当会の「大憲章」にある「日本の最高文化国家建設と世界平和に寄与することを目的と」しての活動に、お集まりの皆さんは参画しているのです。

現始大神様の下(もと)においでのおひとりおひとりに偉大な配慮と託された役割があります。そのお計らいに感謝し、どなたもがご自身の安心立命と世界人類の平和の実現のために努力精進させていただきたいものです。

新しい年を、皆様方とともに神様のご守護を受けて、健やかで、幸多き日々に過ごさせていただくことができますように心よりお祈り申し上げます。

平成二十九年元旦
          修生会会長 中澤鳳徳

平成二十七年開祖生誕祭式辞

2015年4月1日 by syuseikai

平成二十七年開祖生誕祭式辞

本日は、お忙しい中、開祖生誕祭にお越しいただき、心よりお礼申し上げます。そして、この聖霊殿の前で、開祖様のお誕生日のお祝いを述べ、皆さまと喜ばしい式典を執り行わせていただけることに感謝いたします。

当会の開祖であります中澤一聖様は、明治二十九年にお生まれになり、ここにおいでになれば、この月、満の百十九歳になられます。信仰篤く、教養ある母親から開祖さまは、多くを学び、住み慣れた豊かで恵まれた丹波を出られました。開祖さまが見てこられた時代は、第一次世界大戦での大戦景気、世界恐慌、第二次世界大戦、そして高度経済成長の激動の時代です。

開祖様は、現始大神さまから授かった力を駆使して、人助けをされてきました。高砂の曽根でお世話になりながら、病気治しをはじめとする人助けに専心され、御技(みわざ)をもって、当時、不治であった癌を治すなどの奇跡を次々に起こしてこられました。

天地開闢から見知っていらっしゃる現始大神様が、開祖さまを通じて、この地上で偉業を達成されようとしているのです。さらに、昨今の世界の情勢の変化、そして価値観の変化は大きく、どなたもが日常的にストレスを負っています。それは、新しい時代の幕開けのしるしなのです。ご自身の魂を磨くためであり、また神さまが期待される地上世界を構築するためです。ですから、そのストレスすらも、私たちの悟りの中で、学びと活動の糧になるのです。

日本では、古代から今を精一杯に生きる「中今」と呼ぶ思想があります。それによって、私たちは心乱すことなく、日常に邁進することができたのです。そこで、昨年、中今を基礎にどなたでもが瞑想状態で日常を過ごす方法を整えました。今年から、中今瞑想として皆さまにお使いいただいています。ところが、この瞑想の方法は、お釈迦様が使っておられた瞑想方法に似ていることが分かりました。お釈迦様が頼られた神様が、当会のご祭神である現始大神様だと開祖様から聞いています。ですから、似た方法が用意されたのです。中今瞑想を用いることで、多くを悟り、ご自身を唯一無比に保ち、さらに慈しみに満ち満ちて生きることができるのです。この方法をご活用いただき、開祖さまの大憲章にある通り日本の文化的国家の建設と世界平和が成就しますように願っています。

最後になりましたが、この祭事にお手伝いいただいた皆さまの献身的なご奉仕に感謝いたします。また、開祖様のお誕生日のお祝いのこの日にここにお集まりの皆さまに、感謝いたします。

ご縁のあるより多くの方々の下(もと)に、開祖様のお知恵と御業(みわざ)が、届けられますように、そして、皆様方のそれぞれに託された使命を全うされますように念願して、本日の式辞とさせていただきます。

ありがとうございました。

 平成二十七年四月一日
         修生会会長 中澤鳳徳

平成二十六年開祖生誕祭式辞

2014年4月6日 by syuseikai

 平成二十六年開祖生誕祭式辞

本日は、お忙しい中、開祖生誕祭にお越しいただき、心よりお礼申し上げます。

この聖霊殿の前で皆さまと喜ばしい式典を執り行わせていただけることに感謝いたします。

当会の開祖であります中澤一聖様は、明治二十九年にお生まれになり、ここにおいでになれば、この月、満の百十八歳になられます。

信仰篤く、教養ある母親から開祖さまは、多くを学び、住み慣れた豊かで恵まれた丹波を出られました。開祖さまが見てこられた時代は、第一次世界大戦での大戦景気、世界恐慌、第二次世界大戦、そして高度経済成長の激動の時代です。

開祖様は、現始大神さまから授かった力を駆使して、人助けをされてきました。高砂の曽根でお世話になりながら、病気治しをはじめとする人助けに専心され、御技(みわざ)をもって、当時、不治であった癌を治すなどの奇跡を次々に起こしてこられました。

天地開闢から見知っていらっしゃる現始大神様が、時の満ちるのを待って、開祖さまを通じて、この地上で偉業を達成されようとしているのです。

昨今の世界の情勢の変化は大きく、心穏やかに過ごせません。それは、新しい時代の幕開けの予兆なのです。私たちはこの時代を確かな指針に沿って、より良く生きなければなりません。

この地上に降り立ったどなたもが、なみなみならぬ試練を課せられます。それは、一方では、ご自身の魂を磨くためであり、他方では、神さまの世界から期待される地上世界を構築するためです。

真理に基づく人類の普遍的な価値や叡智を、この修生会で受けることができます。当会の「大憲章」にある「日本の最高文化国家建設と世界平和に寄与することを目的と」しての活動に、お集まりの皆さんは参画することができるのです。

現始大神様の下(もと)においでのおひとりおひとりに、偉大な配慮と託された役割があります。そのお計らいに感謝し、みなさまの見知るどなた様にも慈しみをもって、手を差し伸べてください。その慈しみが、ここにお集まりのみなさまの安心立命と世界人類の平和のよすがなのです。

最後になりましたが、この祭事にお手伝いいただいた皆さまの献身的なご奉仕に感謝いたします。また、開祖様のお誕生日のお祝いのこの日にここにお集まりの皆さまに、感謝いたします。

ご縁のあるより多くの方々の下(もと)に、開祖様のお知恵と御業(みわざ)が、届けられますように、そして、皆様方のそれぞれに託された使命を全うされますように念願して、本日の式辞とさせていただきます。

ありがとうございました。

 平成二十六年四月一日
         修生会会長 中澤鳳徳

「平成二十四年開祖生誕祭式辞」(人類は意識の変革を迫られている)を掲載しました

2012年4月2日 by syuseikai

平成二十四年開祖生誕祭式辞

 

本日は、お忙しい中、開祖生誕祭にお越しいただき、心よりお礼申し上げます。

この聖霊殿の前で皆さまと喜ばしい式典を執り行わせていただけることに感謝いたします。

当会の開祖であります中澤一聖様のお生まれになったのは、明治二十九年です。ここにおいでになれば、この月、満の百十六歳になられます。

開祖さまは、信仰篤く、教養ある母親から多くを学び、住み慣れた豊かで恵まれた丹波を出られ、朝鮮半島、大阪、神戸にいらっしゃいました。

開祖様は、大正時代の第一次世界大戦での大戦景気、世界恐慌、第二次世界大戦、そして高度経済成長時代と激動の時代を、見て来られたのです。

開祖様は、現始大神さまから授かった力を駆使して、人助けをされてきました。神戸の空襲で姫路に移られ、高砂の曽根でお世話になりながら、病気治しをはじめとする人助けに専心され、御技(みわざ)をもって、当時、不治であった癌を治すなどの奇跡を次々に起こしてこられました。

天地開闢から見知っていらっしゃる現始大神様が、時の満ちるのを待って、開祖さまを通じて、この地上で偉業を達成されようとしているのです。

この地上に降り立ったどなたもが、なみなみならぬ試練を課せられます。それは一方では、ご自身の魂を磨くためであり、他方では、神さまの世界から期待される地上世界を構築するためです。

昨年三月の東日本大震災も、人類に課せられた大きな試練の一つです。地震、津波、そして原子力発電所のトラブルで、世界中を震撼させました。

その未曽有の災害に被災された皆さまと、そのご家族の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。またお亡くなりになられた皆さまのご冥福をお祈りいたします。そして復旧、復興にご尽力いただいている皆さまのご活躍をお祈りいたします。当会でも被災地の皆さまのために祈り、また節電や義援金を配慮いたしました。

開祖様は、生前に原子力発電が人類に良くないとおっしゃっていたと聞きました。人類が扱いかねるテクノロジーだったことが、今になって分かるのです。

いかなる世情にあっても、私たちは、いつでも地上に顕現する計らいを真摯に受け止めなければなりません。そして大きな災害は、人類の歴史の方向を大きく変えることになります。

新たな価値体系をもったまったき方々、まったき企業、まったき国家が活動を始めようとしています。新たな秩序の構築は、これまでの当然の人類の意識の変革を迫り、政治的には政策ではなく体制に及びます。経済的には拡大から縮小へ、そして文化は、物質的富裕から精神的富裕へと変化しようとしているように見受けられます。産業革命以降の価値が崩れ、新たな価値の体系が構築されるために、社会の大きな混乱を生じます。

真理に基づく人類の普遍的な価値や叡智を、この修生会で受けることができます。当会の「大憲章」にある「日本の最高文化国家建設と世界平和に寄与することを目的と」しての活動に、お集まりの皆さんは参画することができるのです。

現始大神様の下(もと)においでのおひとりおひとりに偉大な配慮と託された役割があります。そのお計らいに感謝し、会員のどなたもが、ご縁のある皆々様に対して分け隔てなく手を差し伸べ、一人ひとりの安心立命と世界人類の平和の実現のために努力精進させていただきたいものです。

開祖様のお誕生日のお祝いのこの日に寄せて、激動の時代を乗り越えられた開祖様の叡智をお借りし、また開祖さまの御業(みわざ)を通じて真理の光が修生会にご縁のあるより多くの方々の下(もと)に届けられ、皆様方のおひとりおひとりがそれぞれに託された使命を全うし、至福に満ち満ちますように念願して、本日の式辞とさせていただきます。

ありがとうございました。

 平成二十四年四月一日
         修生会会長 中澤鳳徳