価値観

「平成二十九年開祖生誕祭式辞」の全文を掲載します

2017年4月2日 by syuseikai

  平成二十九年開祖生誕祭式辞

本日は、お忙しい中、開祖生誕祭にお越しいただき、心よりお礼申し上げます。そして、この聖霊殿の前で、開祖様のお誕生日のお祝いを述べ、皆さまと喜ばしい式典を執り行わせていただけたことに感謝いたします。

当会の開祖であります中澤一聖様は、明治二十九年にお生まれになり、ここにおいでになれば、この月、満の百二十一歳です。開祖さまは、信仰篤く、教養ある母親から多くを学び、住み慣れた豊かで恵まれた丹波を出られました。開祖さまの見てこられた時代は、第一次世界大戦での大戦景気、世界恐慌、第二次世界大戦、そして高度経済成長の激動の時代です。

開祖様は、現始大神さまから授かった力を駆使して、人助けをされてきました。高砂の曽根でお世話になりながら、病気治しをはじめとする人助けに専心され、御技(みわざ)をもって、当時、不治であった癌を治すなどの奇跡を次々に起こしてこられました。

日本書紀の初めに現れられる国常立尊(くにのとこたちのみこと)様して知られている現始大神様が、開祖さまを通じて、この地上で偉業を達成されようとしています。昨今の世界の情勢の変化、そして価値観の変化は、新しい時代の幕開けのしるしです。宗教の枠を超えて霊性を信じる人たちが現れ始め、成熟した人格を形成しようと努めています。地上世界のそうした潮流は、神界に倣(なら)っています。

人の本質は魂ですから、私たちの目に見える事柄や感情にとらわれることなく、宇宙の流れに沿わなければなければならないのです。

日本には、「中今」と呼ぶ思想があり、心乱すことなく日常を過ごすことができたのです。それは、今のこのときを大切にする生きかたです。当会では中今を用いて、どなたでもが瞑想状態で日常を過ごす方法を整えました。この方法は、お釈迦様の瞑想に近いものです。お釈迦様が頼られた神様が、当会のご祭神である現始大神様だと開祖様から聞いています。ですから、二千数百年前のインドの瞑想と、千数百年前の日本人の生き方に由来する瞑想が似たのです。中今瞑想を用いることで、深く悟り、慈しみに満ち満ちて生きることができます。この方法をご活用いただき、開祖さまの記(しる)された大憲章にある通り日本の文化的国家の建設と世界平和が成就しますように願っています。

最後になりましたが、この祭事にお手伝いいただいた皆さまの献身的なご奉仕に感謝いたします。また、開祖様のお誕生日のお祝いのこの日にここにお集まりの皆さまに、感謝いたします。

ご縁のあるより多くの方々の下(もと)に、開祖様のお知恵と御業(みわざ)が、届けられますように、そして、皆様方のそれぞれに託された使命を全うされますように念願して、本日の式辞とさせていただきます。

ありがとうございました。

 平成二十九年四月一日
         修生会会長 中澤鳳徳