さくらふくむすめ

第7回さくらふくむすめの面接をお受けいただいた方へ

2016年11月22日 by syuseikai

さくらふくむすめの面接にお越しいただいた皆さまに感謝いたします。面接をお受けいただいた皆さん全員に、その結果をすでにお送りしています。万一、面接を受けられて、その結果の電子メールをお受け取りいただいていない方がいらっしゃいましたら、ご連絡をください。

さくらふくむすめにご応募いただいた皆さまへ

2016年10月31日 by syuseikai

さくらふくむすめにご応募いただいた皆さま方に、合否のいずれであっても、電子メールで書類審査の結果をお知らせしています。

応募したのに書類審査の結果を電子メールで受け取っていないという方がおられましたら、お手数ですがご一報いただけますようにお願いします。

伝統的な巫女装束を着てみませんか--第7回「さくらふくむすめ」募集中

2016年10月17日 by syuseikai

第7回「さくらふくむすめ」を募集!
お気軽にご応募ください。

巫女装束で祭事の手伝いをする「さくらふくむすめ(修生会福娘)」を、本年も募集します。

14pa-2 0240-14%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88

「さくらふくむすめ」として、1年間、ご活躍いただけます。主な祭事は、阪神淡路大震災追悼の集い(1月17日)、幸運祭(2月11日)、開祖生誕祭(4月1日)、元旦大祭(1月1日)、感謝祭(毎月1日、ついたち)です。

ご応募いただいた方と推薦者の皆様には、全員に参加プレゼントを、また、「さくらふくむすめ」に認定された方には、認定書と副賞(昨年度は水晶のネックレス)および巫女装束での記念写真を差し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紅白のコントラストも鮮やかな巫女装束。その姿を見ると、どうしてだれもが幸せな気分になるのでしょうか。伝統的な装束でお手伝いいただく「さくらふくむすめ」の募集も、7年目になりました。
 巫女(みこ)の装束は、白い小袖(白衣)と緋袴(ひばかま)です。それは、平安時代の宮廷での女官の装束です。緋袴の紅色は、紅花で作られ、日本の女性にとても好まれた色です。紅花は、奈良時代にエジプトからシルクロードで伝えられ、とても贅沢なものでした。また、神事などで巫女が上に着る白地に青摺(あおずり)の千早(ちはや)は、3世紀の魏志倭人伝でも知られる貫頭衣(かんとうい)に由来します。
 日本で長く用いられてきた巫女装束は、神さまのご用をする女性らしい姿だと思います。日本人のだれにも好まれてきた伝統的な巫女装束をつけていただいて、お幸せになっていただきたい、そして幸せのお裾分けしていただきたいと思っています。自薦、他薦を問いませんので、巫女装束を着たい方や、巫女装束が似合う方のご応募を楽しみにしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

14pa-1
(いずれの写真も、現在、ご奉仕いただいている
第6回さくらふくむすめの皆さんです)

応募要項                                

参加料        :無料
募集人数      :3名
応募受付期間    :2016年10月15日(土曜日)~10月27日(木曜日)
           応募用紙とアンケート用紙に必要事項をご記入の上、
           全身写真を同封してお申し込みください。
            修生会本部宛てに持参、郵送(当日消印有効)、あるいは電子メール
第1次選考   :書類選考(審査の結果は、郵送あるいは電子メールにてお知らせします)
第2次選考    :11月20日(日曜日)面接選考 修生会本部
認定書と副賞の授与式:2017年 1月 1日(元日)元旦大祭終了後
巫女に選ばれた方には「さくらふくむすめ(修生会福娘)」認定書と副賞をさしあげます。
応募資格 : 2017年1月17日に満18歳以上の女性で未婚の方(これまでの認定者の年齢は、18歳から34歳でした)
参加プレゼント対象者:すべての応募者、推薦者
祭事や打合せの謝礼 :当会規定による

「さくらふくむすめ」として、1年間、祭事や勉強会などでお手伝いいただけます。
幸運祭(2月11日、建国記念の日)、開祖生誕祭(4月1日)、元旦大祭(1月1日、元日)では、巫女装束で活躍されているさくらふくむすめの皆さんの写真を、プロのカメラマンが撮影し、ご当人様にプレゼントします。
・巫女衣裳の白衣・緋袴(ひばかま)を当会でご用意します。祭事などでお手伝いいただく際には、半肌襦袢と足袋を各自でご持参ください。

応募申し込みいただきました書類・写真は返却いたしません。
応募要項、応募用紙、アンケート用紙は、修生会本部、曽根支部で用意しています。ホームページからもダウンロードできます。
応募いただいた方の個人情報を当会のサービスの提供、またはご案内に利用することがあります。
応募いただいた方の同意がない限り、第三者へ開示または提供をいたしません。

応募要項、応募用紙、アンケートをダウンロードできます。
第7回さくらふくむすめ応募要項
第7回さくらふくむすめ応募用紙
第7回「さくらふくむすめ」応募のアンケート

PDFファイルを見るためには、アプリケーション『Adobe Acrobat Reader(アドビ アクロバット リーダー)』が必要です。

●電子メールでご応募の場合
応募用紙、アンケートに準じた内容と写真を電子メールでお送りください。
送付の内容をコピペ(コピー&ペースト)してお使いください。
送付の内容は、こちら   電子メール用応募用紙とアンケート
写真を添付してください。(サイズは、SXGA 1280×960ピクセル以上)
送り先  syusei@saturn.dti.ne.jp

問い合わせ先、送付先
修生会本部
〒672-8023 兵庫県姫路市白浜町甲2379
TEL:079-245-0780
FAX:079-245-0781
E-mail : syusei@saturn.dti.ne.jp
URL : http://www.syusei.or.jp                 

曽根支部
〒676-0082 兵庫県高砂市曽根町682-7

元旦大祭の写真

2016年5月3日 by syuseikai

元日に元旦大祭を催させていただきました。併せてさくらふくむすめの認定式を行わせていただきました。その様子を写真でご紹介します。ご参詣いただきました皆さまに感謝です。お手伝いいただきました皆さまにも感謝です。

  00061-4パーセント 00047-4パーセント 00144-8パーセント 00157-4パーセント 00025-4パーセント 00390-8パーセント 00490-4パーセント 00588-4パーセント 00640-8パーセント 00740-8パーセント 00779-4パーセント

「元旦大祭」と「さくらふくむすめ認定式」にお越しください

2015年12月21日 by syuseikai

●初詣に修生会●
新たな一年を、実りあるものにさせていただきましょう。初詣でお祓いを。「元旦大祭」で皆さまのお幸せを祈願させていただきます。一年の穢れを祓い、決意も新たに年のはじめを気持ちよく迎えていただけますように、元旦大祭を行います。ご家族、お知り合い、お誘い合わせの上、みなさまでご参詣ください。

A5R3558-15cut

これまでお参りされたことのない方も、ご参詣いただけます。年の初めにご神前に赴き、神さまにご挨拶をさせていただきましょう。だれもが使命をもってこの地上に生まれたのです。神さまのお導きで、一人ひとりのほんとうの道を歩むために、年の初めに詣でてみませんか。

●さくらふくむすめ認定式●
これから一年間、ご奉仕いただくさくらふくむすめの皆さんを認定させていただきます。皆さんで応援のほど、よろしくお願いします。

□日時 / 平成28年1月1日(元日) 午前11時から12時半
(受付は午前10時半から)
(元旦大祭に続いて「さくらふくむすめ認定式」が執り行われます)
□場所 / 修生会本部 道場  兵庫県姫路市白浜町甲2379
・電車  山陽電鉄「白浜の宮駅」より徒歩12分
・お車  姫路バイパス姫路東ランプより南西2㎞(専用駐車場があります)

修生会
〒672-8023 兵庫県姫路市白浜町甲2379
☎079-245-0780

参考
はじめての元旦大祭(一問一答)平成28年版
修生会への道順(一問一答)
元旦大祭とさくらふくむすめ認定式の写真  
はじめてお越しいただく皆さまへ(一問一答) 

第6回さくらふくむすめの面接を終えました。

2015年11月22日 by syuseikai

第6回さくらふくむすめの面接を、昨日(11月21日)、無事に終えました。ありがとうございました。事情があってあらかじめお受けいただいた方を含めて、慎重に審査をさせていただいています。

審査の結果は、面接にお越しいただいた皆さまに、メールで、11月23日にお知らせいたします。今しばらくお待ちください。

第6回さくらふくむすめの書類選考を終えました

2015年10月31日 by syuseikai

第6回さくらふくむすめを今年も募集させていただき、多数のご応募をいただきました。ありがとうございました。それぞれにご縁があってのことと思います。電子メールで応募いただいた皆さま、そして、郵便でご応募いただいた皆さまの応募の書類を見せていただき、選考を無事終えました。面接選考にお越しいただく皆さまにお会いできることを楽しみにしています。

応募されたご当人さま全員に、その結果を電子メールでお知らせしました。万一、お受け取りいただけていないようでしたら、ご連絡ください。またご応募いただいた皆さまにプレゼントを郵便でお送りしています。ありがとうございました。

第6回さくらふくむすめにご応募いただいたみなさまへ

2015年10月27日 by syuseikai

ご応募いただいたみなさまに感謝申し上げます。電子メールでご応募いただいたみなさまも郵送でご応募いただいたみなさまもおられます。それらをこちらで受け取りましたら、その当日、あるいは翌日に応募票を受け取らせていただいた旨、電子メールでご連絡申し上げています。万一、当方からのその電子メールを受け取られていませんでしたら、ご一報ください。

第6回さくらふくむすめ募集

2015年10月10日 by syuseikai

第6回「さくらふくむすめ」を募集!
お気軽にご応募ください。

巫女装束で祭事の手伝いをする「さくらふくむすめ(修生会福娘)」を、昨年に続き、本年も募集します。

 

131313 12121212121

「さくらふくむすめ」として、1年間、ご活躍いただけます。主な祭事は、阪神淡路大震災追悼の集い(1月17日)、幸運祭(2月11日)、開祖生誕祭(4月1日)、元旦大祭(1月1日)、感謝祭(毎月1日、ついたち)です。

ご応募いただいた方と推薦者の皆様には、全員に参加プレゼントを、また、「さくらふくむすめ」に認定された方には、認定書と副賞(昨年度は水晶のネックレス)および巫女装束での記念写真を差し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紅白のコントラストも鮮やかな巫女装束。その姿を見ると、どうしてだれもが幸せな気分になるのでしょうか。伝統的な装束でお手伝いいただく「さくらふくむすめ」の募集も、6年目になりました。
 巫女(みこ)の装束は、白い小袖(白衣)と緋袴(ひばかま)です。それは、平安時代の宮廷での女官の装束です。緋袴の紅色は、紅花で作られ、日本の女性にとても好まれた色です。紅花は、奈良時代にエジプトからシルクロードで伝えられ、とても贅沢なものでした。また、神事などで巫女が上に着る白地に青摺(あおずり)の千早(ちはや)は、3世紀の魏志倭人伝でも知られる貫頭衣(かんとうい)に由来します。
 日本で長く用いられてきた巫女装束は、神さまのご用をする女性らしい姿だと思います。日本人のだれにも好まれてきた伝統的な巫女装束をつけていただいて、お幸せになっていただきたい、そして幸せのお裾分けしていただきたいと思っています。自薦、他薦を問いませんので、巫女装束を着たい方や、巫女装束が似合う方のご応募を楽しみにしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A5R3558-15cut
(いずれの写真も、現在、ご奉仕いただいている
第5回さくらふくむすめの皆さんです)

応募要項                                

参加料        :無料                         
募集人数      :3名    
応募受付期間    :2015年10月10日(土曜日)~10月25日(日曜日)
           応募用紙とアンケート用紙に必要事項をご記入の上、
           全身写真を同封してお申し込みください。
            修生会本部宛てに持参、郵送(当日消印有効)、あるいは電子メール
第1次選考   :書類選考(審査の結果は、郵送あるいは電子メールにてお知らせします)
第2次選考    :11月21日(土)面接選考 修生会本部               
認定書と副賞の授与式:2016年 1月 1日(元日)元旦大祭終了後      
巫女に選ばれた方には「さくらふくむすめ(修生会福娘)」認定書と副賞をさしあげます。
応募資格 : 2016年1月17日に満18歳以上の女性で未婚の方(これまでの認定者の年齢は、18歳から34歳でした)
参加プレゼント対象者:すべての応募者、推薦者
祭事や打合せの謝礼 :当会規定による

「さくらふくむすめ」として、1年間、祭事や勉強会などでお手伝いいただけます。
幸運祭(2月11日、建国記念の日)、開祖生誕祭(4月1日)、元旦大祭(1月1日、元日)では、巫女装束で活躍されているさくらふくむすめの皆さんの写真を、プロのカメラマンが撮影し、ご当人様にプレゼントします。
・巫女衣裳の白衣・緋袴(ひばかま)を当会でご用意します。祭事などでお手伝いいただく際には、半肌襦袢と足袋を各自でご持参ください。

応募申し込みいただきました書類・写真は返却いたしません。
応募要項、応募用紙、アンケート用紙は、修生会本部、曽根支部で用意しています。ホームページからもダウンロードできます。
応募いただいた方の個人情報を当会のサービスの提供、またはご案内に利用することがあります。
応募いただいた方の同意がない限り、第三者へ開示または提供をいたしません。

応募要項、応募用紙、アンケートをダウンロードできます。
第6回さくらふくむすめ応募要項
第6回さくらふくむすめ応募用紙
第6回さくらふくむすめ応募のアンケート

PDFファイルを見るためには、アプリケーション『Adobe Acrobat Reader(アドビ アクロバット リーダー)』が必要です。

●電子メールでご応募の場合
応募用紙、アンケートに準じた内容と写真を電子メールでお送りください。
送付の内容をコピペ(コピー&ペースト)してお使いください。
送付の内容は、こちら  第6回さくらふくむすめ電子メール用応募用紙とアンケート
写真(SXGA 1280×960以上)を添付してください。
送り先    syusei@saturn.dti.ne.jp  

問い合わせ先、送付先
修生会本部
〒672-8023 兵庫県姫路市白浜町甲2379
TEL:079-245-0780  FAX:079-245-0781
E-mail :     syusei@saturn.dti.ne.jp    
URL : http://www.syusei.or.jp                 

曽根支部
〒676-0082 兵庫県高砂市曽根町682-7

平成27年元旦大祭とさくらふくむすめ認定式の写真

2015年3月30日 by syuseikai

a062-5 a021-7 IMG_2022-5  a089-5 a029-7 a040-7 a130-7 a011-5 a101-7 a173-5 a256-5 a160-7 a278-12 a156-5 a391-5 a413-5 a514-5

今回さくらふくむすめの認定をさせていただいた方に天冠(てんかん)を引き継ぎます。
 a532-5 a488-5 a513-5 
a554-10
今回、さくらふくむすめの認定をさせていただいた4人の方には、1年間、ご奉仕をよろしくお願いします。写真の左から中野文香さん、藤田早紀さん、一人おいて間﨑葉子さん、廣田美乃利さんです。そして、この1年間、ご奉仕いただいたさくらふくむすめの鍋島聖貴さん(写真左から3人目)、一番右に田中玲子さんです(この1年間、ご奉仕いただいたもう一人のさくらふくむすめの五百城朱理さんは、今回、お休みされました)。

 a579-7 a619-5
これまでご奉仕いただいたさくらふくむすめの皆さんに感謝です。今後もお手伝いいただく機会があるかもしれません。見かけたら、お声がけください。

これからご活躍いただくさくらふくむすめの方々を、皆さんで応援してください。大祭や感謝祭でご奉仕いただきます。

ステキな写真を撮っていただいた米田カメラマンにも感謝です。